自分でできる健康法

自分でできる健康法

打算で考える「健康になる方法」

打算的に考えてみます。 この世の中は、自分だけが幸せになろうと思っても、なれないようにできています。 周りの人が幸せでないと、幸せにはなれません。周りの人がみんなイライラしていて、幸せになれるでしょうか。
自分でできる健康法

はやく片付けなさい!

なぜ片付けないといけないのか? 大切な意味が隠されています。
自分でできる健康法

カゼをひいたらまず薬? それとも安静?

カゼそのものを治す薬はないと言われます。というのも、カゼの90%はウイルスによるものであり、ウイルスを殺す薬はないからです。軽いカゼであるならば、休養を取って安静にすることが大切です。安静は立派な医療です。
自分でできる健康法

怒りがどうしても抑えられません

怒ることは体に悪い。その通りです。おこりんぼさんは病気が治りません。 体を傷つける。肝を傷つける。 だから怒るのはよくない。どのくらいよくないかというと、人を殴るくらいよくない…
自分でできる健康法

命をかけて散るもみじ

“裏を見せ 表を見せて 散るもみじ” 良寛の辞世の句と言われます。 もみじの最も美しい瞬間とはいつでしょう。あどけない手を広げた幼葉も、涼風を誘う緑葉も、もちろん秋の紅葉も美しい。しかしその掉尾をかざるのは、まさにこの句のごとく舞い散る姿でしょう。
自分でできる健康法

断食 (ファスティング) と酵素… 自然って何だろう

東洋医学的に見て、断食が効く人は脾が強く、正気が充実している人です。 断食で悪化を起こす人は脾が弱く、正気が虚している人です。 こういう診断をせず、あの人が効いたならオレにも効くだろう…が、一番やってはいけないことです。
自分でできる健康法

間食がやめられません

間食がやめられない。どうしたらいいでしょうか…というご質問に答えました。
自分でできる健康法

大切にするって?…この世のすべてを良くしたい

モノを、ヒトを。妻を、患者さんを。そして世界中の人々を。大切にしたい。大切に思わないものを、良くすることなどできようか。
自分でできる健康法

ガンに向き合う…「休む」は生命の根源

大きな病を得たならば、いろんなしがらみから離れて、温かい家の中を懐かしい子宮の中だと思って、まるで胎児のように丸まって、無邪気に何も考えず、いつか子宮口が開く時を楽しみに待つ。それが「休む」ということだと思います。
自分でできる健康法

素直になれない

まっすぐに太陽に向かって伸びる植物。 素直に季節に従い、姿を変える植物。 そこには、良い変化が必ずある。 そうだ、自然は、素直である。 そのなりゆきは肯定的である。
自分でできる健康法

心の欲するままに… 本当にしたいこととは結局?

大自然の理法に叶った生き方。それが健康ぶあるための条件であるならば、その生き方とはどんなものなのでしょうか。
自分でできる健康法

究極の「一病息災」

「一病息災」とは、なにか一つ持病があれば、それを悪くしないように体をいたわるため、結果として健康でいられるという意味です。 しかし、もう少し意味を広げた解釈を試みます。 分かりやすく、地震に例えてみましょう。
自分でできる健康法

胆汁とデトックス… 朝食は一口でも

朝食を取らない人が増えましたね。一昔前は小学校でも「朝ごはんを食べましょう」と指導していました。朝ごはんの必要性について、「胆汁」をキーワードに考えてみましょう。
自分でできる健康法

体をきたえる、誠をきたえる

健康を目的として体をきたえる場合、負荷をかけすぎないようにします。生命力のラインよりも負荷が上回ると、生命力は下がってしまいます。逆に、生命力のラインぎりぎり手前まで負荷をかけると、生命力は押し上げられます。
自分でできる健康法

約束と「誠」… 夢を現実化するトレーニング

当院は予約制です。 これは、患者さんをお待たせすることなく臨床という業務を円滑に進めるためです。 しかし、それだけではありません。 約束。 それを守るトレーニングでもあります。
自分でできる健康法

熱中症予防に関する考察

熱中症を予防するポイントを挙げる。 ・深部体温を挙げない ・脱水を起こさない ・塩分を補給する これらに対して考察を行いたい。
自分でできる健康法

執着とは… 一ばんめは「この体」

一ばん大切なものが何かを忘れて、 二ばんめの、どうでもいいものを大切にする。 これが執着である。
自分でできる健康法

栄養のとりすぎと仕事のしすぎ

仕事がないと困りますね。生きていけない。栄養もないと困ります。やはり生きていけない。 ただし仕事は、多ければ多いほど良いということではありません。忙しすぎると体を壊して病気になってしまいます。 では栄養はどうなんでょうか?
自分でできる健康法

犠牲と感謝…という陰陽

命を与えるもの (陽) と、命を与えられるもの (陰) 。陰陽とは夫婦のようなものである。真逆の概念でありながら、お互いがお互いを助け合い、生かし合い、諌め合い、高め合う関係である。陰陽が交流することによって、より大きな幸せが生まれる。
自分でできる健康法

太陽にはとどかない、でも成長をやめない

成長とは何か。これを自然から学ぶ。植物の成長である。
テキストのコピーはできません。