自分でできる健康法

自分でできる健康法

気閉はコルク栓… 感謝と謙虚で栓を抜く

気閉と気脱は陰陽です。この2つをコルク栓の開け閉めにたとえて説明します。気閉も気脱も重症をイメージさせますが、慢性的な軽症にも当てはめてかんがえてみましょう。そのとき、症状の緩解と悪化を繰り返すカラクリが見えてくるかも知れません。
自分でできる健康法

信とは… 脾が育てる生命力

「信愛」という言葉があります。これさえあれば家庭も世界も平和ですね。体にも良くないはずがありません。信と愛は陰陽です。信は理性、愛は感情です。理性と感情も陰陽です。これを踏まえながら「信」とは何かを考えます。
自分でできる健康法

天人合一… すこやかであるために

地球と人体を相似関係として捉えるのが「天人合一思想」です。この観点から、人体の健康と地球の平和とは相似関係ということができ、そうあるためには互いに共通する要因が求められると言えます。《易経》《素問》《老子》などを引用して考察します。
自分でできる健康法

奇跡って何だろう

信じられない話があります。肝臓という臓器は、4分の3を切り取られても、元どおりに再生するというのです。僕だったら?確実に死にますね。 仮に生き延びたとしても、手が生え足が生え…などあり得ないことです。そんなことがもし起こった...
自分でできる健康法

中医学における “病因” とは

病気を治すには、病気を知ることです。病気を知るには、その原因を知ることです。中医学では病因をどのように考えているでしょうか。外感と内傷に大別されます。内傷は、五志七情・飲食・労逸が主なものです。病理産物 (痰湿・瘀血など) も重要です。
自分でできる健康法

カゼの養生食…傷寒論から学ぶ

傷寒論は、西暦200年ごろの張仲景による書物であり、東洋医学にとって「黄帝内経」に並ぶバイブル的存在です。ここでまず出てくるのが「桂枝湯」というカゼ薬で、その説明の条文に、食養生について触れられています。その食養生を紹介したいと思います。
自分でできる健康法

幸せって何だろう…うらの畑でポチがなく

中国文明がいかに農耕と関わりがあるか。これは漢字の成り立ちに農が多く関わることからも容易に想像できます。東洋医学はそうした文化の中で生まれました。土を耕し育て食す。古代中国人にとって、これは癒やしの根幹にある常識だったのかもしれません。
自分でできる健康法

冬場の活動量が、夏場をこえない

【質問】2021年10月2日 家族の事でお聞きしたい事があります。現在40歳 男性 9/26の夜中 急にお腹が痛くなり、次の日病院で上行結腸の上部とS字状結腸に炎症があると言われました。熱は37.6℃くらいでした。あとは 顔と胸...
自分でできる健康法

更年期と “徳”

東洋医学の原典である《素問》の冒頭は《上古天眞論》ですが、ここには健康であるための秘訣が挙げられています。中でも注目すべきは「徳」です。東洋医学独特ともいえる養生法と、老化を象徴する更年期とを重ね、いかに「老い」を生きるべきかを考えます。
自分でできる健康法

“肝臓” を考える…東洋医学とのコラボ

肝臓には500以上の働きがあると言われ、様々な病気と関わる “主役級の臓器” です。と同時に寡黙で “沈黙の臓器” とも呼ばれます。これを往年の名優、高倉健に例えつつ、東洋医学ともコラボしながら、肝臓とは何か、病気の原因とは何かを考えます。
自分でできる健康法

自然 (じねん) って何だろう

大自然を眺めてみます。まず目に映る生命、それは草木、樹木です。樹木は静止しているかに見えて、少しずつ成長しています。勝手に、しなやかに、健全に成長しています。成長の向かう方向、それは肯定的であり、健全にして健康です。
自分でできる健康法

「木火土金水」…五行と健康

東洋医学を学ぶということは、五臓六腑を学ぶということです。 五臓六腑を学ぶには、それぞれの性格を知っておかなければなりません。その性格を端的に示したのが、木火土金水、すなわち五行です。 五行説は古代中国の農耕文化の中で生まれま...
自分でできる健康法

脾はなぜ重要か…東洋医学の哲学

東洋医学では脾 (消化器) をとても重視します。どうしてでしょうか。 これを詳しく説明するためには、少し哲学的な話からとなります。陰陽五行説で、脾が土に配当されるという前提で話を進めます。 中央黄色.入通於脾.開竅於口.藏精於...
自分でできる健康法

自分と向き合う、体と向き合う

自分に向き合う。これを東洋医学的に言い換えれば、「心神」 が「肝魂」に向き合う姿だ。これは、反射的行動 (肺魄) に反映される。 心神と肝魂は表裏一体、協調して「こころ」を形成する。 反射的行動は、その人の「生活習慣」に大きく関わる
自分でできる健康法

東洋医学を勉強しよう

東洋医学では、どのように人の体を、そして心を捉えているのでしょう。とっつきにくいこの学問ですが、それを理解できたならば、今までとはまったく違った病気の成り立ちに気づくことができるかもしれません。ご一緒に勉強しましょう!
自分でできる健康法

自分でできる4つの健康法 …正しい生活習慣を考える

健康とは自然な現象です。病気は不自然です。病気はして当たり前…などと思わないでください。健康が当たり前なのです。 生活習慣が健康をつくり、また病気も作ります。夜更かしが続けば体調を壊すでしょうし、そうでなければ何も起こらないでしょう...
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました