プロフィール

鍼灸師。          
1500年前に中国大陸から渡来し、日本に中国伝統医学を伝えた呉人一族の末裔。 

日本東洋医学発祥の歴史 をご参考に。

1969年 日本に東洋医学を伝えた「呉人」の集落、飛鳥 呉原に宗家嫡男として生れる。
1982年 父が癌で他界。鍼灸師が父の予後を予見、鍼灸研究を決意。
1985年 日本漢法研究会・大久保之皓先生の薫陶を受ける。
同年   鍼灸道具を入手し追試開始。
1990年 学生生活のかたわら鍼灸接骨院に入職。
同年   沢田流鍼灸術の研究開始。
同年   無農薬有機栽培開始。
1991年 近畿鍼灸漢方研究会参加。
1992年 同志社大学卒業。
1993年 北辰会にて弁証論治・鍼灸穴性学・脈診の研究開始。
1995年 大阪鍼灸専門学校(現・森ノ宮医療学園専門学校)卒業。
同年   明宗堂鍼灸院開院。
1999年 北辰会講師。
同年   北辰会退会。以後、脈診研究に没頭。
2007年 東洋医学の理念を朝日新聞紙上に紹介。
2011年 愛知医科大学に冷たい飲食に関する基礎研究を提言。
同年   日本東洋医学会・中和症例検討会にて漢方薬研究開始。
2012年 奈良県橿原市に眞鍼堂開院。
2020年 Facebookグループ「東洋医学をいっしょに勉強しよう!」を開設。
2021年 日本東洋医学会 奈良県部会にて「衄と太陽陽明の併病…傷寒論の洞察」講演。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました