冷え…東洋医学から見た2つの原因と治療法

今回は 冷えについてです。

コメントでご質問をいただきました。

はじめまして。いつも興味深く拝読しております。私は冷え性で、1年ほど前から冷えとり健康法を行っています。 なるべく温かいものをとることと、半身浴、靴下の2枚ばきです。 良さそうなので続けていますがこちらのブログを読ませて頂いてると体はそんなに単純じゃないかもと思うようになりました。 冷え取りを続けていると逆に寒さに弱くなってる気がします。 東洋医学では、こういう徹底して温めるのはどう思われますか?

東洋医医学的に、冷えは実寒虚寒に分類されます。
実とは引き算が可能な病態、虚とは足し算が必要な病態です。

実寒とは

実寒は、急な気温の低下など (寒邪) が、急性に体に影響したものです。

それ以外で多いのは、飲食物の摂り過ぎによる水邪 (水滞) が原因となって起こるものです。水邪は水寒とも言い、寒邪の性質を含んでいます。これは盲点になりやすいので気をつけてください。とくに慢性的な冷えはここに着目することです。体の容量をこえた水邪 (たとえばむくみなど) があると、それを温めきることができません。

いずれにしても体力の低下はありませんので、
・寒ければまめに重ね着すること、
・飲食物の摂取を八分にし間食を控えること、
・温かいものを摂取すること、
・適度な運動 (ウォーキング等) を、最初は少しから始め、徐々に時間を増やしていくことです。

こうすることで水邪が除去できれば、冷えは解消されます。個人の力でも、根気さえあれば解決は可能だと思います。

実寒の場合は、生命力 (正気) の衰えがないので早く改善します。

虚寒とは

いっぽう、虚寒は生命力 (正気) の衰えがあり、寒邪や水邪を追い出せない状態です。正気は「グルグルめぐらせる」という働きがあり、寒邪も水邪もこの動力によって外に追い出すことができます。動力がなければ、寒邪や水邪 (邪気) は動かずにずっとそこに居座ります。

つまり、まずは正気を増やすということが必要です。引き算ではなく足し算です。

会社経営でも、リストラは比較的容易だが、資本を増やすのは難しいですね。収支の明確な経営でもそうなのです。体力は視覚化できません。体力を増すことは、いわば奇跡的なことで、だから体質は変わりにくいのです。

みんな寒さに弱い

例えばこういう話があります。北海道の人と沖縄の人で、どちらが寒がりかという実験で、結果は北海道の人の方が寒がりでした。これは寒さに素早く順応するために、寒い (服を着たい・部屋を温めたい) と感じるセンサーが鋭くなっているためです。

人体の60%は水で、人体とはこの水をいれる容器のようなものです。容器に37℃程度のお湯が入っていて、それ以下の温度の気温であれば、そのお湯は冷めるのが当然です。

そうならないように、寒い (服を着たい・部屋を温めたい) と感じる。

この能力が「寒さに強い体質的要素」に占める割合は少なくありません。

食べすぎることが問題

食べすぎると肝臓 (西洋医学の) に負担をかけます。

肝臓は、腸で吸収した栄養分を化学処理 (分解・合成) する過程で、化学反応的に熱を生じます。これが体温を高めることに役立っています。この働きは、体を動かさなくても体温になる要素です。全体の熱産生のうち、約20%が肝臓によって作られています。

肝臓に負担をかけるということは、生命力 (正気) が弱るということです。

動けないことが問題

それでなくても、たくさん食べ過ぎると体が重くなり、動くのが億劫になりますね。

これも大切な要素です。

よく動く人は薄着です。動くと温かくなるからです。つまり、よく動けるだけの体力を身に着けることが大切で、それが暑さにも寒さにも負けない体なのです。寒さだけに強い体や暑さだけに強い体ではなく、寒さにも暑さにも強い体こそが、質問者の方が望まれる体であると思います。

かりに冷えが取れたとしても、暑さに弱い体になってしまっては元も子もありません。

動く力をつけるために

動けることが必要だとは言いましたが、単に動けばいいというものではありません。体力もないのに無理に身体を動かすと、やがて動けなくなるような症状、…たとえば痛みとかめまいとかカゼひきなどの体調不良…が起こります。それで結局は動けない、ということになります。動けなくなると冷えも改善しません。

ウォーキングは体力をつけるために非常に重要ですが、5分以上やっただけでやりすぎになっている場合はいくらでもあります。分刻みでこれを診断でき、指導できる力のある指導者が必要です。僕はこれを脈診で診断します。

動くためには睡眠も大切です。動くことは陽、睡眠をとることは陰です。
陽とは動・実用です。
陰とは静・実体です。
陰が陽を生み、陽が陰を生む。この循環は宇宙の誕生から果てしなく続き、我々もそのスパイラルの一部として生命を営んでいます。陰陽とは、ここでいう体力そのものです。この陰陽を広く大きく強く持っていくことが、虚寒を改善するためには不可欠です。

治療では、その人その人にあったアクションを積み重ねていきます。治療で用いるツボしかり、養生指導しかり、価値観の指導しかり。そうすることで、奇跡は奇跡ではなくなります。

気持ちよく、美味しく

無理にあたためようとするやり方は、良くないと思います。陰を消耗するからです。

陽は陰によって支えられており、いわば燃料 (陰) と火 (陽) のような関係です。陽を大きくしようとするあまり陰を消耗してしまうと、一時は温まって調子よいと感じられても、そのうち体調を崩して動けなくなり、冷えがひどくなります。無理に温めることは絶対にしないことです。

お風呂に無理に長時間入るなどはもってのほかで、足湯でも無理に辛抱すると陰を消耗します。無理に温めようとすると、体力を消耗してかえって冷えてしまいます。

食材にしても同じです。そもそも食材は感謝して美味しくいただくことが大切で、それにより栄養も身に付き、活力も生まれるのではないかと思います。これは温めるから体に良いとか、これは〇〇の栄養素があるから多めに摂ろうとか、そういう方向に偏り過ぎることがもしあったならば、良い結果にはなりません。過ぎたるは及ばざるが如し。美味しくいただくことが基本です。

これ以上体温を奪わない

気持ち良いと感じるならば、半身浴や靴下重ね履きなどは、やってもOKです。

ただし、足首を締め付け過ぎないように気を付けましょう。温かいものを飲食することは大切で、これは体温を奪わないという働きがあります。体温が奪われなければ、体力を体温に変換する必要がないので、体力を温存し貯金することができます。ただし、温める働きはありませんので、これのみで冷えを取るのは難しいことです。

自分でてきる冷えの取り方

もし虚寒で体力の弱りがあり、ご自分で冷えを改善されたいなら、
①ストレスをためない
②飲食は腹八分に
③何事も無理をせず八分で留める
以上を心掛けるのはいかがでしょうか。

①について…毛布・暖房に使う火などは、冷える人にとっては不可欠です。それ以前に我々は衣食住がなければ生きていけないし、土がなければ食材が得られず、水や空気がなければ命はつなげません。ないと困るが普段忘れがちなもの…これらをわれわれは数えきれないほどに与えられています。常に感謝するトレーニングを怠らなければ、結果としてストレスがたまりません。ストレスは体力を非常に消耗する要素です。

②③について…腹八分ということは処世上すべてに当てはまる真理です。食べ過ぎ・無理のし過ぎは体力を消耗します。つい何でもやり過ぎてしまうのは欲があるからです。欲を去るということはなかなか難しいことですね。でも、それがたとえできなくても、そういう価値観を持つことこそが大切なことだと思います。かくいう僕もそれができているなど到底言えず、そうありたいと願うものの一人です。欲を離れた瞬間に気持ちが楽になる…誰もが経験のあることだと思います。これで体力がつく、健康になるということは、それが真理だからです。

これらを踏まえたうえで、もし気が向いたならば、ウォーキングにでも出かけてみたらどうでしょう。無理せず、自然の美しさを実感しながら。いい循環はそんな小 (ささ) やかな瞬間から始まるのだと思います。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました