小児科

小児科

発達障害 (グレーゾーン) の芽 —その1—

発達障害は先天性のもので緩解することはあっても治ることはない。これが常識である。ただし、発達障害と間違えかねないよく似たものはあって、グレーゾーンと呼ばれることがある。それを生む環境とはどんなものか、一症例を挙げて考えたい。
小児科

祈り…母親にも効いた小児鍼

鍼治療を行う中で体験した「ユングの共時性」 (シンクロニシティ) について。呼ぶよりそしれ、噂をすれば影、などの言葉があるように、相手のことを強く思うことによって、偶然とも思える事象の一致が見られるというものである。
小児科

脳性麻痺 (1歳9カ月)

1歳9か月の男の子。31週 (8か月) で早産。出生時1800g 。2か月検診の時に脳室周囲白質軟化症 (PVEL) と診断される。現在80㎝・10㎏。体格は正常の範囲内。 発育障害が認められる所見 〇おすわりができない。ずり...
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました