整形外科

変形性股関節症の症例

変形性股関節症の中医学的症例検討である。鍼灸を用いた。65歳。女性。37歳のときに突然右股関節に激痛、歩行困難となり、変形性股関節症と診断を受けた。
自分でできる健康法

打算で考える「健康になる方法」

打算的に考えてみます。 この世の中は、自分だけが幸せになろうと思っても、なれないようにできています。 周りの人が幸せでないと、幸せにはなれません。周りの人がみんなイライラしていて、幸せになれるでしょうか。
鍼灸って何だろう

中国伝統医学、学たらしめん

鍼灸を学たらしめる。漢方を学たらしめる。 中国伝統医学を学たらしめる。 そのためにはどういう方法があるか。鍼灸を中心に考えたいと思います。
ガン

ガンとの “勝負”

普通に「やめなさい」といって、やめられるくらいならガンにもならない。ここは勝負所なのである。当該患者の一生を左右するような分岐点であると、そう見て取ったのである。だから、勝負しかない。
膠原病・リウマチ科

右手首の痛み…風と気圧と雨天前とリウマチ

リウマチの症例検討である。気圧変化と痛みの関係について、中医学的に考察する。
腎臓内科・泌尿器科

87歳、腎機能が回復… クレアチニンがケタ違い (1.1) の減少を見た症例

失われた腎臓機能は元に戻らないので、 (慢性腎臓病の) 治療の目的は「進行を食い止め、遅らせる」「症状の改善」となります。 NHK健康ch eGFRの値が低い理由、症状を改善する方法をステージ別に解説 この悲観的な常識をくつがえすかもしれな...
自分でできる健康法

はやく片付けなさい!

なぜ片付けないといけないのか? 大切な意味が隠されています。
消化器内科 (肝臓科)

胆石と便秘とイライラ… 気の通り道を押し開け

胆泥の中医学的な症例報告である。方法は鍼灸を用いた。便秘の寛解とともに胆泥も消失した。
自分でできる健康法

カゼをひいたらまず薬? それとも安静?

カゼそのものを治す薬はないと言われます。というのも、カゼの90%はウイルスによるものであり、ウイルスを殺す薬はないからです。軽いカゼであるならば、休養を取って安静にすることが大切です。安静は立派な医療です。
神経内科

コメカミの痛み…やっぱり食べすぎてしまうんです

コメカミの痛みの症例検討である。中医学を元にした鍼灸を用いた。中医学は病因病理を重視する。本症例での病因は「食べ過ぎ」にあった。
心療内科・精神科

怒りが即座にスッキリした理由

中医学は心と体を別物として考えない。その症例として、怒りに打ち震える人が、次の瞬間「先生、なんかスッキリしました…」と漏らされたものを検討したい。
総合診療科

フラフラで動けない…大きな陰と陽を得る

陰陽は生命力そのものである。生命力を得ようとするならば、大宇宙からの大きな陰陽を得るべきである。大きな陰陽を得るための方法の一つがこれである。
神経内科

認知症予備軍 (軽度認知障害;MCI) の症例… 素直に信じるという奇跡

軽度認知障害 (MCI) の症例である。中医学的に診察し、百会穴に鍼を用いて施術を行ったところ、2週間で改善を見た症例を検討する。
東洋医学って何だろう

邪気の数値化…邪熱スコアと痰湿スコア

重症疾患を診るには、患者さんの言葉である「問診」に頼れない。邪気を数値化 (スコア化) して重症度を認識する必要がある。邪気とは正気 (生命力) を邪魔する力のことである。
消化器内科 (肝臓科)

数値の乱高下…「僕には分かりません 」✕ 6

人体をモノとして扱えば、モノとしての反応しか起こらない。つまり奇跡は起きない。 人体をヒトとして扱えば、ヒトとしての反応が起こる。 奇跡を起こせるのは、モノではない。 ヒトである。
陰陽気血の弁証

陰陽両虚証

陰陽両虚とは、陰も陽もともに虚す病態のことをいう。生命は、陰と陽から成り立つ。 陰陽とは夫婦のようなもので、どちらか一方が弱ると、元気なもう一方がそれを助けようとするのが本来の働きである。それに反し、夫婦共倒れになった状態が陰陽両虚である。
Q&A

パルスオキシメーターの中医学的意義

血中酸素濃度測定器 (パルスオキシメーター) は、心肺機能がどの程度働いているかを見るものです。これを中医学で考えると、宗気や営気がどの程度働いているかに関わります。
耳鼻咽喉科

めまいと嘔吐… 恵方巻きとデトックス

メニエール病の症例検討である。中医学的に診立て、百会穴に鍼 (古代鍼) を用いた。痰湿を除去することを主眼とする。その場で嘔吐が止まり、一時間後にはめまいが消失した。
ご来院の皆様へ

春は、ほめて伸ばす

さがせばほめるところはイッパイある。春はほめよ…とは《素問》の言葉である。 ほんの少しの “できるだけ” 。 これをつまらないものと思ってはならない。 これでいい。できている。 自分をほめて伸ばしていこう。飛躍しよう。
整形外科

足が痛くて歩けない… 症状は成長のもと

ふつうなら、足が痛くて歩けないならば、足をくじいたとかの物理的要因を考えるだろう。それが無ければ腰から来ているのかなとか整形外科的要因を考える。だが、心理的要因が関わることもあり、本症例はその一例である。
テキストのコピーはできません。