どちらでもいい・こちらでなきゃダメ

人間は淡白でありたいですね。

「どちらでもいい」という考えが大切です。
ただしそれは、本当にどちらでもいい事に関してです。
たとえばお菓子を、食べてもいいし、食べなくてもいい。
どちらでもいい… という人はストレスをためにくい人です。

脾 (消化器) は土台です。土台の上に乗っかる重いものがストレスです。
ストレスは誰もが抱えています。ただし、
同じ10kgの重みでも、
ちっちゃな子供みたいな土台だったら10kgはつらい。
力持ちの大人みたいな土台だったら10kgくらい軽々と持ち上げる。
同じストレスでも、脾の大きさで違うものになります。
どうしてもお菓子を食べずにはいられない。それでは脾が小さくなってしまう。

だから、「どちらでもいい」という人はストレスをためない。

恬惔虚無.眞氣從之.精神内守.病安從來.<素問・上古天眞論 01>

【訳】無欲恬淡ならば、生命力は自ずと従 (つ) いて来る。精 (気と肉体の根源) と神 (気が昇華した意識) は、内から体と心を守る。病気などにどうして従 (つ) きまとわれることがあろうか。

人間は信念をもちたいですね。

「こちらでなきゃダメ」という考え方が大切です。
ただしそれは、本当にこちらでなきゃダメな事に関してです。
たとえば、人を殴っちゃダメだ。
こちらでなきゃダメ… という人はストレスをためにくい人です。

人を傷つけてはいけない。これは真理です。
真理とは、人の歩むべきひとすじの道です。
陰陽とは「道」であり、そこには「神明」があると東洋医学は説きます。
神明とは、天から道を照らす光のこと、つまり真理です。
天道は人を殺さず。お天道様 (おてんとさま) です。
神明とは心です。心は五臓六腑の主です。
心の光が定まらないと、五臓六腑は狂ってしまう。

だから、「その道しかない」という人は迷うことがない。だからストレスがない。

陰陽者.天地之道也.萬物之綱紀.變化之父母.生殺之本始.神明之府也.
<素問・陰陽應象大論 05>

【訳】陰陽とは、天地のおきてである。全てに当てはまる絶対規律である。そこから臨機応変が生まれる。それを守るか守らないかは生死をすら決定する。太陽のように我々を照らすのである。

陰陽って何だろう をご参考に。

今の世の中は、
「どちらでもいい」ことを「こちらでなきゃダメ」と考え、
「こちらでなきゃダメ」なことを「どちらでもいい」と考える。

だから子供までストレスをため、大切な友達を殴ったり傷つけたりするんですね。

もちろん大人も。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました