神経内科

神経内科

パーキンソン病…中断患者からの電話

「先生に取り次いでほしい」 ある中断患者 (74歳・男性) からお電話があった。 パーキンソン病。治療は5回のみ。非常に素直に、こちらの言うことに耳を傾ける方だった。保険が使えないか熱心に質問してこられ、同意書が必要だ...
神経内科

パーキンソン病

パーキンソン病の症例検討である。パーキンソン病によるものと思われる左足の震えに対し、右外関と右商陽の2ヶ所に鍼を刺したところ、その場で震えが止まった。中医学的に考察する。
神経内科

全身麻痺 (痿病) の症例

中医学での表証は、あらゆる奇病と関連する可能性を持つ。本症例は急性の痿病であり、全く筋肉が動かせない状態が全身に及んでいたが、表証を撮ることによって速やかに回復した。表証とは何かを考えつつ症例を検討したい。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました