証候鑑別

証候鑑別

呵欠 (あくび)

アクビを東洋医学的に分析してみましょう。《霊枢・口問28》に基づき、陰陽論を用いて説明します。また、《注意診断学》に基づき、肝鬱・血瘀・脾腎陽虚に大別して説明します。
証候鑑別

口苦とは

東洋医学では、口が苦いのは胆汁の味である… と考える。胆に熱がこもり、清濁を分けることができないと、本来下降すべき「濁」までもが上逆するので口が苦くなる。、胆の腑気が下降できず、下降できなければ上逆するしかないので、苦さを感じる。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました