冬場の活動量が、夏場をこえない

【質問】2021年10月2日

家族の事でお聞きしたい事があります。現在40歳 男性 9/26の夜中 急にお腹が痛くなり、次の日病院で上行結腸の上部とS字状結腸に炎症があると言われました。熱は37.6℃くらいでした。あとは 顔と胸部中央に夏から治らない出来物がありました。

去年の9月にも急性腎盂腎炎腸に炎症を起こし40℃の熱で入院してます。この時から体調を崩しやすくなってます。普段から肩こりと腰痛があります。ざっくりで申し訳ありません。

こういう場合 東洋医学では どのように治療するのでしょうか。自宅でも食事で改善もできるのでは?と思っていますが なかなか詳しく調べられずにおります。教えて頂けたらと思い 投稿いたしました。宜しくお願いいたします。m(_ _)m

上記は、僕が主催するFacebookのグループへのご質問です。その回答が以下のものです。

【回答】2021年10月2日

まず気になるのは、いきなり腸の炎症が起こるということです。なにかそれに先立つ信号を、体が発してくれていれば良いのですが…。

肩こり・腰痛は、その先立つ信号である可能性がありますね。これを “症状だけ取れればいい” と考えて、実際にマシにしてしまう、そういうことを度々繰り返すと、本当の原因はそのままで、表面的にだけ良くなってしまう可能性があります。

そしてそのたびに、“本当の原因” はだんだん深いところに、見えないマグマのように落ち込んでいってしまいます。

深夜というのは一日のうちで最も深い時間帯で、そういうときに腹痛が急に起こるということは、病根は深いと見ていいと思います。だから去年も腎盂炎という深い病気になっているのですね。その病根は見えたり隠れたりしながら存続している、そういう可能性があります。

人の生活習慣はさまざまで、どういう原因で体に疲労がたまっているかは実際にお顔・お体を拝見しないと分からないことですが…。参考までに以下の記事を挙げておきます。

胃痛…東洋医学から見た4つの原因と治療法
肩こり…東洋医学から見た7つの原因と治療法
腰痛…東洋医学から見た6つの原因と治療法

“胃痛” となっていますが、腹痛と病因病理は同じです。 “胃痛” を “腹痛” と置き換えて読んでください。

新たな気づきがありました。

そして不思議な偶然がありました。

下の Facebookへの投稿を御覧ください。これはグループにではなく、ぼく個人のページへの投稿です。

2021年10月14日

夏の暑さに比べれば、いくらかの秋らしさとともに、随分動きやすくなった。が、この動きやすさがアダになることがある。

日の短い冬場 (秋分から春分) の活動量が、日の長い夏場 (春分から秋分) の活動量を超えてはいけない…という法則がある。この法則に従い、自然界の動植物は、一様に冬場は活動を休止する。樹々は葉を落とし、昆虫も動物も冬ごもりである。そして夏場は葉を広げ盛んに光合成したり動き回ったりする。人間も照明が登場するまでは、自然とこの法則に従っていた。

春にはつらつとし夏によく動ける人はおおむね健康である。しかし、春は木の芽時で体調が悪く、夏に暑さで動けず、秋らしくなって急に動きたくなったならば、注意のしどころだ。

こういう人に “夏場に動け” といっても動けないし、無理に動いたら体調を壊す。だから “冬場にひかえる” しかない。夏場にどれだけ活動したか…をイメージし、それよりも冬場の活動量を少し抑え目にする必要がある。そして、来年の春分が来たならそれを解き放ち、一気に活動的になればいい。

患者さんを診ていると、まったく問題なく順調に体調回復しているかのようなのに、少し活動が過ぎただけで急変することがある。急変とは、緊急入院を必要とするような持病の再発も含む。腸管・血管・尿路・気管といった、チューブ系の爆弾を持病として持っている人である。緊急手術はほとんどこのたぐいであると、現場の方から聞いている。

こういうとき、冬場>夏場 のエラーが出ている場合がある…というのは以前から分かってはいた。しかし、それを直前に見抜くのは能力の限界を超えている…と思っていた。しかしこの秋、事前にこれを見抜く足がかりが、直感として得られた。

診断するための穴処として、内関に注目している。内関は陰維脈 (陰の綱維・陰をつなぎとめる綱) を支配しており、この穴処の左右に邪が出ているならば、このエラーが出る危険があると教えてくれているのだ。冬場は陰維脈に正気が満たされる時期であるにも関わらず、邪があれば正気が入れない。 “冬場の活動量が、夏場を上回ってはいけない” …この指導を与え、患者さんの腑に落ちると、即座に内関の邪は消え去る。

患者さんを診ていて、まったく問題ないかのように映ったのは、それはそれで誤診ではない。急変をみるのは、別次元の大きな陰陽…1年というサイクルの夏場と冬場…その矛盾が、突然ステージに立つからだと思われる。小さな陰陽…1日というサイクルの昼夜…で診ることが臨床では多く、1日サイクルの積み重ねでは、確かに良い反応が見られているのだ。

考えれば当然のことでもある。夏よりも秋のほうが体調が良くなってこなければならないし、良くなってくれば夏場の活動量を越えてしまう。1日1日の積み重ねで病気になるように、1年1年の積み重ねで病気になることがあると、別々に考えることが必要だ。

規模が大きく根深いのは当然、1年の方である。 “冬場” に急変することが多い。春分直前に悪化する “木の芽時” は病根が浅い。秋分直後に急変するものは病根が深い。一年一年の積み重ねがどの程度重いかは、どの時期に悪化するかが参考になりそうだ。

実は、10月2日に、急変し入院となった “大切な患者さん” がありました。

もともと急性腹症 (腸閉塞) の持病があった人で、頻繁に緊急入院されていましたが、当院で療養をはじめると激痛は影を潜め、体調は徐々に回復していました。

なぜ事前に見抜けなかったんだろう…と昼夜をとおし考え続け、朝夕に無事を祈り、やっと考えがまとまったのが、上記投稿 (10月14日) です。

これまでにも、このような “よめない” 悪化があった。それが今思えば、下記投稿にあるように “冬場” であり、 “チューブ系” あるいは “九竅系” いわゆる気閉証です。急性腹症 (虚血性大腸炎) ・尿路結石・カンジダ膣炎・肺炎・喘息… 、九竅なら目・耳・鼻・咽喉・尿道口・肛門となります。一人ひとりの患者さんを思い出します。みんなその持病がもともとある方です。

こういう悪化はもちろん夏場でもあるでしょうが、ぼくの臨床では一度もなく、それは “よめていた” 可能性があります。やはり冬場は “深い” のでしょうか。

朝日新聞に、大自然の循環、健康に生かせ…季節と体 と題して「冬場の活動量が夏場を上回ってはならない」ことを提言したのが 2007年でしたから、上の記事で触れた “診断” ができる (めどがつく) まで、少なくとも14年の歳月を要したことになります。

知ってはいたし気にしてもいたが、明日悪化するということがよめなかった。

なにげなく投稿記事をスクロールして眺めていると、ふと目についたのが今回の質問者の記事です。

あっ、これも同じ “冬場のチューブ系” だ! 質問者の方に伝えておいたほうが良い。そう考え、記事にまとめる決意をしたのが今朝 (10月18日) …。出勤途中の車の中で、草案を頭の中で練っていました。ページのリンクにしようか、それとも書き下ろすか…。

その直後、院に到着するやいなや電話がなりました。その “大切な患者さん” からです。明日来院したい、とのことです。無事退院されていたのか、よかった…。

胸をなでおろし、この記事を書く作業を進めていると、不思議なことに気が付きました。

質問者のご投稿をいただいたのが 10月2日、しかし失礼ながら、その日に返信を済ませて、もう僕の記憶からは消え去っていた。その日付をよく考えると、その同じ日、 “大切な患者さん” が腹痛に苦しまれ入院されていたのです。それは、この記事をまとめながら気がついたことです。

偶然にしては出来すぎた、時間の一致。

また、朝から草案を練っていたことと、再診のお電話をいただいた時間が一致 (10月18日) していたのも、この記事をまとめている途中に気が付きました。

ユングの共時性 (シンクロニシティー) を思わせます。こういうことは、たいがい真実です。

10月2日の一致。
10月18日の一致。

明日、遠方から車で一時間かけ、喜寿の坂をも乗り越えつつ、お越しいただきます。

受け入れる準備は整いました。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました