ここから逃げたい

ああつらい。この今の境遇。

こんなはずじゃなかった。

だましやがって。ひどい目に合わせやがって。馬鹿にしやがって!

もういやだ。ここから逃げたい。

環境を変えたい。

いや。

あせるな。あせるな。いったん落ち着け。

そんな気持ちで環境を変えたところで何も変わらない。次の環境でも同じことが起こる。気分の悪い時にやったことは、たいていロクなことにならない。

では、何を変えたら良いのか?

この環境で、今すぐ変えられるもの。

この心である。

このつらい環境の中で、幸せな気持ちになってみる。

このつらい環境で幸せを感じることができたら、
普通の環境ならすごく幸せが感じられ、
幸せな環境なら、もっともっと幸せになれる。

幸せとは、やってくるものではない。
今を噛みしめ、味わうものだ。

このつらい日常にも、有り難いものは潜んでいる。

そう、感謝である。

そもそも感謝なんて、うまく行っているときほどできない。だとするならば、今だ。いま、このつらいどん底の今こそ、感謝のしどころなのだ! こんな時でないと、感謝するチャンスなんて永遠にくるものか!

おもいっきり後ろ(陰)に振りかぶって、前 (陽)に豪速球を投げ込むように、
後ろ向き (陰) になった今こそ、前向き (陽) に躍進してやれ。
反動をつかうのである。利用しない手はない。

陰から陽への転化。

今がチャンス。

やってみる。

この環境で、感謝してみる。

幸せな気持ちになってみる。

人のせいにするのはよくない。すべては自分がまいた種だ。そう信じてみる。

自分の何が悪かったんだろう。自分が甘かったんだ。その前提で考えてみる。

反省してみる。

深く反省する。

すると、視野が広がる。自分以外のものが見えてくる。

こんなひどい環境の中にも、得難く、有り難いものが見えてくる。

そうだ、おれは不幸ではない!

前向きさ。

これが前向きさである。

前を向けば、自ずと前進する。

前進すれば、自ずと、次のステージが見えてくる。

環境が変わる。環境が変わった。

環境を変える。環境を変えていい。やっていい。

そうだ。それでいい。その気持ちでいい。

前に進んだ。

乗り越えたのだ!

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました