経絡流注の基礎知識

流注 (部位)

腕とは

《霊枢・経脈》で用いられている「腕」は手関節部を指します。 臂掌之交曰腕.《類経・七巻経絡類》
流注 (部位)

臂とは

《霊枢・経脈》で用いられている「臂」は前腕部を指します。 髆.html 「臂」は上肢全体を指す場合もあります。維基百科で調べると、上腕部と前腕部のことである、とあります。 膊臂之交曰肘中,穴名尺沢。《類経・七巻経絡類》 ...
流注 (部位)

髆と膊

髆・膊・臑・臂 髆 《霊枢・經脉10》に見られる「髆」は、肩甲骨を指します。 説文解字に端的に説明されています。 髆.肩甲也.《説文解字》 《霊枢・經脉10》には「肩髆」と表現されています。「肩髆」も...
流注 (部位)

臑とは

《霊枢・經脉》で見られる「臑」は、上腕部の内側面・前面を意味します。 また、上腕部全体を指すこともあります。よって、上腕部内側面・前面を中心とした上腕部… をイメージすればいいでしょう。 詳しく見ていきましょう。 ...
流注 (動詞・名詞)

廉とは

廉の字源・字義 廉 【訓】かど レン 「廉」は「广+兼」。 兼の字源 「禾」は稲などの穀物が実るイネ科の植物。「兼」は「禾禾+又 (手) 」 よって、「兼」は、1つの手で2つの稲穂 (禾...
流注 (動詞・名詞)

営とは…営気の字源・字義

「営」の本義は、周囲を垣や土塁 (敵の侵入に備えて作った盛り土) で囲んで居座ることである。 よって「めぐる」「めぐらせる」「取り囲ようにめぐらせる」の意味となる。守る・防ぐといったイメージが付随する。 「取り囲むようにめぐら...
流注 (動詞・名詞)

与とは… 経絡流注の字源・字義

与 (與) の字源・字義 与 (與) 【訓】あたえる ・〜と 與。黨與也。从舁从与。《説文解字》 【訳】與。黨與である。舁と与からなる。 黨 (党) … 光が当たらず暗い。意義展開して、暗いところ・見...
流注 (巡行)

衝脈とは《後編》…字源・字義

衝脈の「衝」の字源・字義に迫ります。中国語では衝は「沖」に書き換えられ、また「街」にも通じます。これらの文字をさかのぼることで、「五臓六腑の海」「十二経絡の海」とも呼ばれる衝脈の働きについて考えます。
流注 (巡行)

衝脈とは《前編》…流注をまなぶ

衝脈とは、奇経八脈の一つです。その走行は、気衝※という陰部付近のツボから、上行するものと下行するものの2つに別れます。このような走行の仕方をするものは、十二経絡と奇経八脈を通じて衝脈だけです。《内経》の記載にもとづいて展開します。
流注 (部位)

跗と大指之間

「跗」「跗上」は、足の甲のことです。ここには動脈の拍動があり、この動脈を「趺陽脈」「跗上動脈」といいます。診断点や治療点としての重要箇所です。しかしし《靈枢・終始09》をひもとくと、それだけでは済まない重要概念であることが分かります。
流注 (巡行)

脾の字源字義… 易経・繋辞伝をひもとく

東洋医学を勉強しておられる方なら、脾がいかに重要視されるかをご存知でしょう。にもかかわらず、「卑」と表記されます。卑しい? これに違和感を覚えるとともに、東洋思想の奥深さを垣間みることができるのです。 卑の字源・字義 立場が...
流注 (部位)

頏顙 (こうそう) とは

頏顙 (こうそう) とは、咽喉から鼻腔にかけての部分のことです。衝脈・肝経が流注し、喉頭蓋と関わります。飲食物を飲み込むか飲み込まないか、空気を吸い込むか吸い込まないか…生死に関わるこれらの機能を支配する象徴的な存在、それが頏顙なのです。
流注 (動詞・名詞)

注とは… 経絡流注の字源・字義

注の字源・字義 注 【訓】そそぐ 灌也。从水主聲。《説文解字》 液体が柱のようにまっすぐに流れる様子。容器の口から注ぎ込む。上から下の容器に灌(そそ)ぎ込む。 意義拡大して、集中・凝集・限定。「注視す...
流注 (巡行)

督脈とは《後編》…字源・字義

督脈とは《前編》…流注をまなぶ の続きです。  ▶督の字源 督とは、そもそもどういう意味を持つのでしょうか。 督.察也.一曰目痛也。《説文解字》 督は察なり。 目に関わります。目...
流注 (巡行)

督脈とは《前編》…流注をまなぶ

督脈とは、長強から齦交までの仙骨部から顔面部にいたる背部正中線上にある “脈” のことです。奇経八脈の一つです。「背中側」というイメージがありますが、黄帝内経 をよく調べると、背部だけでなく、腹部をも流注することが分かります。
流注 (動詞・名詞)

稟とは…経絡流注の字源・字義

稟の字源・字義 稟 【訓】うける 賜穀也。从㐭从禾。《説文解字》 【訳】穀を賜るなり。㐭と禾から成る。 「㐭」とは、くら・米くら。「禾」とは、稲のこと。たわわに実ってしなだれた稲。 「稟」とは、...
流注 (巡行)

任脈とは《後編》…字源・字義

任脈とは《前編》…流注を学ぶ の続きです。 ▶任の字源 字源にさかのぼります。 「任」とは? どういう意味があるのでしょう。 端的に示しているのが《和漢三才図会》です。任は「妊...
流注 (動詞・名詞)

従とは…経絡流注の字源・字義

従の字源・字義 従 【訓】したがう 〜から (〜より) 從.隨行也。《説文解字》 随行とは、高貴な人に従って同行すること。 從.隨行也。… 釋詁曰。從、自也。… 王肅曰。從、順也。左傳。大伯不從。...
流注 (動詞・名詞)

繞とは…経絡流注の字源・字義

繞の字源・字義 繞 【訓】めぐる。まとう。 繞.纏也.《説文解字》 纏 (まとう) とは、 比較的太い縄やひもが、盤繞すること。「盤繞」とは、しっかりと巻き付き絡みつき、くっついて離れない様子。...
流注 (動詞・名詞)

絡とは…経絡流注の字源・字義

絡の字源・字義 絡 【訓】からむ。まとう。つなぐ。 絡.絮也.《説文解字》 絮とは、繭を水にひたして裂いてつくった真綿のことです。繊細な糸がまとわりつき、じんわり水が染み込んでいるイメージです。 「各」に...
流注 (動詞・名詞)

循とは…経絡流注の字源・字義

循の字源・字義 循 【訓】めぐる。したがう。 循.行順也.《説文解字》 行順とは、巡行することです。 また行順は、従順に行うという意味から、・遵守すること、・依照(規定・規準・慣例などに従う、基づく、依拠...
流注 (動詞・名詞)

抵とは…経絡流注の字源・字義

抵の字源・字義 抵 【訓】あたる・ふれる・うつ 抵.擠也.《説文解字》 擠とは、詰まる。こみあう。押し合いへし合いする。重なる。集まることです。 臓腑経絡学での読み方 膀胱足太陽之脉.…下項.循肩...
流注 (動詞・名詞)

至とは…経絡流注の字源・字義

至の字源・字義 至 【訓】いたる 至.鳥飛从高下至地也.《説文解字》 【訳】鳥が飛び、高いところから下って地に至るのである。 象形文字で、矢が地上に落下して突き刺さることを表すという説もあり、こ...
流注 (動詞・名詞)

会とは…経絡流注の字源・字義

会の字源・字義 会 【訓】あう・あつまる・あつめる・かいす・えす 會.合也。从亼.从曾省。曾.益也。.《説文解字》 【訳】會は合である。亼と曾からなる。曾は益である。 亼 (会意文字) シュウ (=...
流注 (動詞・名詞)

合とは…経絡流注の字源・字義

合の字源・字義 合 【訓】あう がっす 合,合口也。《説文解字》 「合」は、(開いた) 口を閉じることである。 蓋 (ふた) が合うことである。 象形文字・会意文字、二説がある。 象形文...
流注 (動詞・名詞)

起とは…経絡流注の字源・字義

起の字源・字義 起 起 【訓】おこる  おきる 起。能立也。从走巳聲。《説文解字》 起は「よく立つ」ということである。走と巳からできている。 起。能立也。…五經文字云从辰巳之巳。是。字鑑从戊己之己。非...
流注 (動詞・名詞)

結とは…経絡流注の字源・字義

結の字源・字義 結 【訓】むすぶ 結,締也。《説文解字》上古結繩而治。《易·繫辭》 吉.善也。《説文解字》 「結」とは、好意的な意味を含んで連結したヒモ・ロープ。 左の「糸」は結び目を作れるよう...
流注 (動詞・名詞)

繋とは…経絡流注の字源・字義

繋の字源・字義 繋 【訓】かかる つながる 系の繁体字である。 系.約束也。《説文解字》 「系」とは、制約・束縛である。 厳密には、「系」と「繋」はちがう。 “系”始见于商代甲骨文,...
流注 (動詞・名詞)

貫とは…経絡流注の字源・字義

貫の字源・字義 貫 【訓】つらぬく 錢貝之貫。从毌、貝。《説文解字》 「毌」は、丸い貝を紐で貫いた形を示す象形文字。うがつ・つらぬく。 「貫」は、方孔錢 (四角い穴の開いた丸い硬貨) にひもを通す様子...
流注 (動詞・名詞)

属とは…経絡流注の字源・字義

属の字源・字義 屬 =属 【訓】つく ぞくす 屬,連也。从尾、蜀声。《説文解字》 「屬」は「連」である。 「屬」は「尾」 と「蜀」からなる。「蜀」は丸い目が飛び出したイモムシ (の頭部) のこと。頭と...
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました