ガン

ガン

とめられなかったガン… 逆証 (死の証) 鑑別診断の実際

ガンが進行する人は休むのが苦手である。ぼくの父 (享年42歳) 、母 (享年69歳) もそうだった。彼らの死、そして当該患者の死を無駄にしないため、あらゆるガン患者を救い啓蒙するため、本ページをまとめる決意をした。
ガン

冷えとガン

皮膚がんの一種である有棘細胞がんは、巨大化すると膿を排出し悪臭を伴うことがある。これに対して、中医学に基づいた鍼治療を行い、一度の施術で悪臭の激減を見た症例を検討する。
ガン

20年診続けた患者さん

ガンが発覚する直前というのは無症状であることが多い。これを思えば症状がないからといって安心してはならない。症状の有無を超越し、体に問題がないかを見抜く技術が必要だ。これがなければ、患者さんは本当に安心して体を預けることができない。
ガン

乳がんの症例

中医学 (鍼灸) による乳ガンの症例検討である。
ガン

ガンとともに

「はい、舌みせて。…はい、いいですよ。舌の色がいいですね。悪いときは白くなってるんやけど、ちゃんと赤みがあります。まあ、上手に生活しておられるのかな? 調子は?」「うん、いいですよ。」体調がいいので、最近、内職を始めた…
ガン

慢性リンパ性白血病

慢性リンパ性白血病における、鍼灸治療の一コマです。 雨天続きで胸悶・上腹部膨満感があり、鍼をすると大きなゲップとともに消失しました。 病名に関わらず、正気を助け邪気を追い出すのは、中医学の基本です。
テキストのコピーはできません。