経絡流注の基礎知識

流注 (動詞・名詞)

繋とは…経絡流注の字源・字義

繋の字源・字義 繋 【訓】かかる つながる 系の繁体字である。 系.約束也。《説文解字》 「系」とは、制約・束縛である。 厳密には、「系」と「繋」はちがう。 “系”始见于商代甲骨文,...
流注 (動詞・名詞)

貫とは…経絡流注の字源・字義

貫の字源・字義 貫 【訓】つらぬく 錢貝之貫。从毌、貝。《説文解字》 「毌」は、丸い貝を紐で貫いた形を示す象形文字。うがつ・つらぬく。 「貫」は、方孔錢 (四角い穴の開いた丸い硬貨) にひもを通す様子...
流注 (動詞・名詞)

属とは…経絡流注の字源・字義

属の字源・字義 屬 =属 【訓】つく ぞくす 屬,連也。从尾、蜀声。《説文解字》 「屬」は「連」である。 「屬」は「尾」 と「蜀」からなる。「蜀」は丸い目が飛び出したイモムシ (の頭部) のこと。頭と...
流注 (動詞・名詞)

挟とは…経絡流注の字源・字義

挟の字源・字義 挟 【訓】はさむ 挾.俾持也。《説文解字》 俾とは、俾睨 (睥睨・へいげい・横目でにらむ) という言葉が有名ですね。俾には、しもべ・にらむ という意味があり、見下すような印象です。つまり「...
流注 (動詞・名詞)

連とは…経絡流注の字源・字義

連の字源・字義 連 【訓】つらなる 負車也。… 連即古文輦也。《説文解字注》 「連」の本義は人力で引く車である。連は「輦」と同義である。「輦」とは輦車 (皇帝・皇后を乗せる車) のことで、神輿 (みこし) の...
流注 (巡行)

任脈とは《前編》…流注を学ぶ

任脈とは、会陰から承漿までの腹部から顔面部にいたる正中線上にある “脈” のことです。奇経八脈の一つです。類経図翼の図によっても明らかなように、任脈は人体の前面を流注 しますが、黄帝内経 を調べると、背部をも流注することが分かります。
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました